ブログ

商品開発は、リサーチと直感で!

前回、商品開発をしなければ売上が伸びないことを述べた。
しかし、売れる商品を開発したくても、何が売れるか分からない。
シャープやパナソニックの薄型テレビのように、売れたとしても短期間で終ってしまうケースも多い。
では、どうやって売れるかどうか、見極めるのか。
答えは、徹底した市場動向のリサーチと、最後には直感である。
前述のシャープやパナソニックなどの大手は、このリサーチはお手の物だ。
では、なぜ、失敗したのか。
そこは技術過信と数値では表れない世の中の動向を予測すること(これが直感の部分だと思う)が出来なかったことだ。
数値では表わせない動向を予測(直感部分)する部署かつ決定権者(すなわち責任者)がなかったのだろう。
薄型テレビを開発、販売しだした時には、今のようにスマホやタブレットで、映像を見ることができる時代が来ることも予測していなかったのかもしれない。
では、現在、電機メーカー各社で販売を予定しているスマートテレビは売れるだろうか。
正直、難しいように思う。
テレビで、インターネット検索、YouTubeを見なけばいけないニーズはどの程度と考えているのだろう。
スマホやタブレットの操作が難しいから、スマートテレビのニーズがあると耳にした。
では、スマホやタブレットの操作が簡単になった時には、スマートテレビの必要性は、どこにあるのか。
それよりも、スマホ、タブレットは、一人一台のものだ。
検索したい時に、いつどこでも検索できることが、大きなメリットである。
大型の液晶テレビのように、わざわざスマートテレビの前に行ってまで検索しなければならないニーズをどのように考えているのだろうか。
グーグルのメガネ型スマートテレビ?やアップルの時計型スマートテレビ?の方が、余程、ニーズがあると誰でも想像が付く。
それでも、現在の携帯スマホや携帯タブレットと比べ、圧倒的な優位性が出せるのだろうか。
もしかして、手が空く、声による操作ができる、圧倒的に軽くなる、などを強調することで差別化ができるかもしれない。
その検討、マーケッティングに時間をかけているから、まだ商品化として発表しないのかもしれない。
しかし、まだこの世にない商品だ。
一般の消費者には、市場に出してから啓蒙する考えなのだろう。
売れる商品とは、この差である。
以前、私が在職していた会社では、世の中の人が欲しいと言っているものは作らない、という会社の理念があった。
世の中の人が欲しいと言っているものではない、まさにこれから欲しがるだろうという直感を働かした商品が売れる商品だと確信している。

 

 
自社の技術を活かして新商品を作りたいと考えている経営者様、ぜひ、ご相談下さい。

ブログ記事一覧へ戻る
Copyright(c) 2009 cs-planner All Rights Reserved.