ブログ

ワンコインランチ

ワンコインランチ、誰もが知っている500円玉1個で食べられる昼の定食のことだ。
この言葉が使われて随分と時間が経つ。
最近では280円弁当も見かけるし、ある持ち帰り弁当の大手が220円弁当のテレビコマーシャルを流していた。
本当に、これで良いのだろうか。
食ブログの口コミで、下記のようなコメントを見かけた。
「1コインなら、この程度でも仕方が無いか。」である。
実感だろう。
問題は、食の開発者が「この値段ならこの程度で仕方が無い。」と思い開発していないかということだ。
驚き感、満足感を与えることを忘れてしまっていないか。
それは、何も食に限ったことではない。
朝食付き宿泊料金が5000円を切っているビジネスホテルも当たり前になった。
それでお得感を与えられなくなった。
料金を安くすることと、満足感を与えることの両立ができなければ、結果、リピートが期待できない。
低価格競争は、もう随分も前から限界になっていることに、経営者も気づくべきではないか。

ブログ記事一覧へ戻る
Copyright(c) 2009 cs-planner All Rights Reserved.